So-net無料ブログ作成

「辺野古」は与党合意違反=社民党首、首相に伝える―普天間(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は24日午後、鳩山由紀夫首相が表明した米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設方針について、与党3党の政策合意に「反している」と述べ、容認できないとの立場を重ねて示した。安全保障会議に出席後、首相官邸で記者団に語った。
 福島氏は「新たな基地を造ることは沖縄県民の負担軽減にはならない」と強調。こうした社民党の立場について、「(首相に)以前も話しているし、またきちっと伝えたい」と述べた。福島氏は安保会議で首相と同席したが、普天間問題について話し合う機会はなかったという。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜

雑記帳 明るい社会づくりに谷村新司さんが応援歌で協力(毎日新聞)
世代交代と脱派閥掲げ「新世紀」発足 自民若手(産経新聞)
沖ノ鳥島など離島保全法が成立(産経新聞)
28日以降に内閣不信任案提出へ「首相は軽薄で不勉強」 自民、大島氏(産経新聞)
普天間「すんなり行くかどうか」=地元との調整懸念―小沢氏(時事通信)

政府、和解協議入り表明へ…B型肝炎集団訴訟(読売新聞)

 政府は13日、B型肝炎訴訟への対応について、仙谷国家戦略相や長妻厚生労働相ら関係閣僚が国会内で協議し、14日に札幌地裁で行われる口頭弁論後の進行協議で和解協議に応じる意向を表明することを正式に決めた。

 また、和解協議入りしても、救済対象者の認定基準や、国の損害賠償の額など具体的な救済案については当面提示しない方針を確認した。

 原告側は、早期解決を求めており、反発が予想される。

 B型肝炎の患者・感染者は国内に推定で110万〜140万人いるとされており、救済内容次第では国の財政負担は数兆円単位となる可能性も指摘されている。

 13日の関係閣僚の協議では、当面、国として、具体的な救済案を提示せずに、裁判所の指揮下で和解協議に臨む方針で一致した。

 B型肝炎訴訟は、乳幼児期に受けた集団予防接種が原因として提起されたもので、2006年の最高裁判決では国の責任を認めて、国に原告1人当たり550万円の賠償を命じた。その後、国の救済策は進まず、08年から全国で集団訴訟が相次いで行われた。現在、患者ら420人が国に損害賠償を求めて全国10地裁で係争中だ。

<自民党>消費税率は盛らず 参院選マニフェスト案(毎日新聞)
熱中症で男児死亡、母親を逮捕=車内に放置しパチスロ―高知県警(時事通信)
口蹄疫対応で疲労困憊…東国原知事「けんか売ってるのか」(産経新聞)
北教組違法献金、小林陣営幹部が罪状認める(読売新聞)
韓国艦沈没 外相「協力惜しまぬ」(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。